インプレッサ 12カ月点検 日野市 八王子市 多摩市 東京

■タイミングベルト交換 スバル インプレッサ

平成11年式 GF-GF2 走行距離 59,179km

 

 

インプレッサ カサブランカ、12カ月点検でお預かり致しました!

 

年式の割に走行距離が少ないですが、20年戦士。さすがにタイミングベルトが怖いので、交換する事に。

 

まずは、法定点検を進めます・・。

 

バッテリーは5年経過しており、交換時期。ただ、今回は交換を見送る事に・・。
後はエンジンオイル。量は適正ですが、オイルパンから漏れています・・。オイルポンプも少し滲んでいる様な・・。
それ以外はウォッシャー液補充程度です。ブレーキ廻りも残量は十分!

 

タイミングベルト交換¥63,796-、ウォーターポンプ交換¥24560-、クランクシャフト・フロントオイルシール交換¥6,080-、カムシャフトオイルシール交換¥15,444-、オイルポンプ脱着、パッキン交換が¥5,087-、オイルパンパッキン交換¥22,410-。
ただ今回オイルパンは見送る事になりました。

 

基本点検費用¥14,040-、その他ショートパーツ類が入った総額、¥131,960-となりました。

 

 

 
1段目左画像:オイルパン、オイルが垂れている状態でした。

 

1段目中央画像:オイルポンプ部。併せ面が滲んでいる様に見えます・・。

 

1段目右画像:タイミングベルトカバーを開けた所です。ひび割れはそれ程見られませんでした。

 

2段目左画像:クランクシャフト・スプロケットを外した状態。正面の茶色の部品がクランクシャフト・フロントオイルシール。オイルシールが付いている部品がオイルポンプ。オイルポンプ併せ面もやはり滲みがみられました。

 

2段目中央画像:こちらウォーターポンプ。特に漏れている訳ではありませんが、タイミングベルトを外さないと交換が出来ないので、併せて交換させて頂きました。

 

2段目右画像:こちらは左バンクカムシャフトオイルシール。こちらもタイミングベルトを外さないと交換が出来ない部分。オイル漏れはありませんが、交換させて頂きました。

 

3段目左画像:こちらは右バンクのカムシャフトオイルシール。こちらも交換。

 

3段目中央画像:オイルポンプを外した状態です。中央の黒いゴムパッキン、カチコチに硬くなっておりました。

 

3段目右画像:カムオイルシール挿入後です。

 

4段目左画像:オイルポンプを取付、クランクシャフト・フロントオイルシールを挿入後。

 

4段目中央画像:ウォーターポンプ取替後。

 

4段目右画像:各アイドラー、テンショナー、タイミングベルト交換後。
 

5段目左画像:こちらは暫くエンジンを掛けた後の状態。オイルポンプ廻りは大丈夫ですが、オイルパン廻りは薄く滲みが見られました。早めにパッキン交換をした方が良さそうですね・・。

インプレッサ 12カ月点検 日野市 八王子市 多摩市 東京